主婦でも借りれる消費者金融ガイドブックでも主婦には大手消費者金融が一番とのこと!誰もが知ってて審査も安心、主婦でも条件次第で即日や無利息、銀行ローンで借りれるかも!

主婦でも審査が通る、消費者金融以外に通じる借り入れ方法とは

主婦でも審査って通るのかな?

まずは最初に気になる審査からになります。急な出費が発生したり、さまざまな事情でまとまったお金が必要になった場合に便利なのは、無担保で個人への貸し付けを行ってくれる消費者金融会社です。けれども、自分自身に継続した収入がない主婦の場合は、一般的な消費者金融会社では収入のことを理由に貸し付けの審査が通らず、借り入れを断られてしまうケースもあります。そのような場合には、消費者金融会社からではなく、銀行のカードローンを利用することで、主婦でも問題なく融資を受けることができます。

 

銀行系のカードローンは、年齢が満20歳以上65歳未満の人であれば、主婦であっても配偶者に安定した収入があることが認められれば借り入れが可能です。学生や永住許可を受けている外国人でも申し込みをすることができます。また、スピーディーな審査で短期間で貸し付けが行われることも特徴の一つです。急ぎの場合には、最短で申し込んだ即日の間に希望の金額を借り入れることができる場合もあります。さらに、借り入れや返済をする際には銀行の中や提携しているコンビニの中にあるATM機を利用することができ、利用手数料もかかりません。遠くに足を運ばなくても、家から近い銀行やコンビニで返済ができるので、手間がかからず時間の節約にもなると好評です。

 

銀行系のカードローンの申し込みは電話やインターネットからもできますが、特に借り入れを急いでいる場合には、ATMコーナーに設置されているテレビ窓口などを利用する方法が最適です。テレビ窓口による申し込みをするためには、免許証、住所や電話番号などが記載された勤務先の情報、源泉徴収票や住民税決定通知書などの収入証明書を持参します。ホームページで手続きに必要な申込み受付シートを手に入れられる会社もあるので、事前に記入しておくとさらにスムーズに手続きができます。テレビ窓口は平日だけでなく土日祝日にも利用でき、利用時間も長く設けられていて便利です。テレビ窓口では、オペレーターと話をしながら申し込み手続きが進められ、オペレーターの質問に答えながら、説明を受けたとおりに操作をしていきます。申し込んだその場で審査にうつり、審査結果が出るとカードの発行が行われて、すぐに借り入れをすることができるようになります。

 

銀行系のカードローンの魅力は、銀行ならではの安心の金利とゆとりの融資限度額にもあります。主婦が初めて利用する場合にも、返済をサポートするメールサービスなどもあり安心です。いずれにしても、融資を最低限必要な金額に抑えて無理のない返済計画を立てることが大切です。

主婦が借りれる消費者金融のローンや限度額は?

主婦だとどれくらい借りれるのかな?

審査のことが分かったら、次に気になるのがいくら借りれるかですよね。2010年6月の貸金業法改正に伴って、収入がない主婦への融資は不可となりました。貸金業法の総量規制によって、「個人の年収の3分の1以上の融資を行なってはいけない」と定められており、収入がない専業主婦の方への融資が行えなくなりました。専業主婦でもパートやアルバイトで安定した収入がある方であれば、消費者金融のカードローンに申し込むことができるのですが、主婦は申し込むことはできません。

 

消費者金融の場合には、貸金業法の管理下にあり、総量規制に対象となるために主婦の申し込みはできませんが、銀行のカードローンであれば、自身に収入のない主婦の方でも申込むことができます。銀行は銀行法の管理下にあり、貸金業法の管理下ではありませんので、総量規制の対象外となっているからです。ゆえに、主婦の方でも、銀行カードローンであれば申し込むことができます。ただし、銀行ごとに独自の貸し出し条件が定められており、その中に「本人に収入があること」という条件がある銀行には、申し込むことはできません。また、銀行カードローンの中でも、配偶者の同意が必要ないものと、配偶者の同意が必要なものとが存在しています。

 

主婦の方のカードローンの限度額に関しては、審査に通っても高額融資は基本的に行なわれていません。限度額は最大30万円が目安となります。限度額が低いために、金利は通常最高金利が適用されるようになっています。ネット銀行の場合には、限度額が30万円〜800万円の銀行も存在しており、金利は年率3.8%〜13.8%となっています。実は、貸金業法の総量規制には、「配偶者貸付」という例外が設けられています。「本人に収入がない場合でも、配偶者とあわせた年収の3分の1以下までであれば貸付可能」という内容です。しかし、大手の消費者金融でこの配偶者貸付が行われているところは、現在のところありません。対応している金融業者は非常に少なく、小規模な消費者金融の中にいくつか配偶者貸付対応の業者が存在している程度です。

 

消費者金融の配偶者貸付に申し込む際には、住民票など婚姻関係を証明することができる書類、運転免許証など本人確認書類、配偶者の同意書が必要となります。さらに、限度額によっては、収入証明書の提出が必要になる場合もあります。銀行カードローンの場合には、カードローンを申し込んだ銀行のキャッシュカードを持っている場合には、即日融資が可能となっているのですが、持っていない場合にはカードが郵送されてくるまでに1週間程度かかるようになります。

消費者金融の主婦のキャッシングと在籍確認についてでは?

主婦だと在籍確認って言われても、何をすればいいのかな?

また、審査と同時に在籍確認についても外せないですよね。、消費者金融では自身に収入のない主婦の方は、お金を借りることができません。その理由については、消費者金融は貸金業法という法律の管理下にあり、貸金業法の中の「総量規制」では、収入のない人にはお金を貸してはいけないことになっているからです。ゆえに、専業主婦の方でもパートやアルバイトをしており、安定した収入がある人であれば融資を受けることができます。

 

実は、「総量規制」には例外が設けられています。収入のない主婦の方でも、配偶者に安定した収入がある場合には消費者金融でお金を借りることができるという「配偶者貸付制度」という例外です。しかし、大手の消費者金融でこの制度を行なっているところはありません。中小の金融会社のごく一部でしか取扱いがなされていません。その理由については、配偶者貸付制度にはいくつかの必要書類の提出が絶対条件となっており、書類の確認作業に手間がかかる割に利益面でのメリットがないからです。

 

主婦の方がどうしてもお金が必要な場合には、銀行系のカードローンをおすすめします。銀行は貸金業法ではなく銀行法の管理下にありますので、総量規制の対象外となります。ゆえに、収入のない主婦の方でも申込むことができるというわけです。通常、銀行のカードローンの方が消費者金融よりも審査が厳しめなのですが、主婦でも申込むことができますし、消費者金融よりも低い金利でお得に借入れすることができます。

 

銀行のカードローンの多くが、配偶者に収入があれば主婦でも借入れ可能となっており、収入のある配偶者の同意を得て借入れするようになります。申込みの際には、配偶者の勤務先について詳しく申告する必要があるのですが、原則配偶者の勤務先への在籍確認の電話は行なわれません。ただし、書類に不備があったり、申告内容に不審な点がある場合には、在籍確認が行なわれる場合もあります。

 

主婦の場合、融資を受けれたとしても限度額は低くなってしまいます。限度額が30万円〜50万円という銀行が多いのが現状です。主婦の場合、勤務先がありませんので在籍確認はありません。銀行の中でも、大手銀行に比べるとネット銀行の方が審査に通りやすい傾向にあります。ネット銀行は、まだまだ知名度が低く、利用者も少ないので、審査のハードルを下げることで顧客集めを行なっているからです。ただし、ネット銀行でも、信用情報に問題がある場合には審査に通過することは難しくなります。

主婦でも旦那に内緒で消費者金融を利用できるの??

なんとか旦那に内緒で借り入れできてよかったーー!

最後に、どうしても確認しておかないといけない内容として、旦那に内緒で借り入れできるのかもありますよね。主婦といえば、自身の収入がありません。そのため、返済できる保証がないということで、消費者金融を利用できないと思われています。一昔前までは実際にそうでした。ところが、最近では、主婦でも気兼ねなく、消費者金融を利用できるようになってきているのです。しかも、旦那に内緒で借りることができます。これなら、自分の欲しいものを誰にも知られることなく、自由に購入することも可能です。ただし、利用できる会社が絞られてきます。その点は注意が必要です。まず、主婦でも利用できるという消費者金融を探すことになります。インターネットをはじめ、口コミ情報などを参考にすることで見つけることができます。

 

それから、旦那に内緒にしたいという人は、当然、在籍確認などの電話を旦那の会社にかけてもらわないようにしなくてはなりません。つまり、保証人として旦那を選択しないことが重要となってきます。通常、消費者金融を利用するというのは借金を作ることになります。よって、保証人が必要です。ところが、主婦が借りられる消費者金融の多くは、保証人不要となっているところが増えてきているので、この手の確認は必要ありません。このような理由から、誰でも手軽に借りられるようになってきています。だからといって、審査がないというわけではありません。当然、審査を通過した人ではないと利用することはできません。そこで、完済できる程度の金額で借りることがポイントとなってきます。主婦の場合、家計をやりくりすることによって、多少はお金を作ることができるはずです。食費や光熱費を見なおせば、数万円のやりくりは可能となります。

 

そこで、お勧めなのは、数万円程度しか借りないようにするということです。そうすれば、旦那に内緒で借りて知られる前に完済することができます。実際に、この繰り返しで自由に自分の欲しい物を購入しているという人が多くなってきています。たまには自分へのご褒美として、高級ブランド品のバッグや洋服、靴といったものを購入するのもいいことです。それから、比較的、審査が通りやすいと言われている消費者金融を利用することがポイントです。インターネットで申込みが可能となっており、場合によっては即日審査をしてくれるというところもあります。その日のうちに指定口座に振込をしてくれるというところも、最近は増えてきているので、その日のうちに欲しい物を購入することも可能です。